2022/12/07 10:00

【原産国】 パナマ
【地域】  チリキ県カンデラ地区サンタクララ
【農園】  ハートマン農園
【標高】  1,260m~1,500m
【規格】  SHG,EP
【品種】  カツーラ
【精製】  ウォッシュド

◆ハートマン農園
ハートマン農園は、ハートマン家が運営している家族経営の農園。初代ハートマン(アロイス・ハートマン)は1891年、チェコで生まれ、第一次世界大戦後、パナマに移住。1940年に二代目ハートマン(ラティボール・ハートマン)が今日のハートマン農園を創業。ラティーボール・ハートマンは5人の子供(ラティボールJR、アラン、アレクザンダー、アリス、ケリー)に恵まれ、現在は5人の兄弟姉妹が農園の運営管理とツーリズムを手分けして担当している。コーヒーは三代目ハートマン(ラティーボルJR・ハートマン)が担当。ハートマン農園では、カツーラ、カツアイ、ティピカ、ゲイシャ、ブルボン、マラゴジーぺ、パカマラの7品種を栽培。精製方法はウォッシュド、ハニー、ナチュラルの3通りで精製。

◆味わい
柑橘系のマイルドな酸味と上品な甘み。ボディは重くありませんがコクはしっかりあります。

◆焙煎度
シティロースト(中煎り)
フレンチロースト(深煎り)