2022/08/26 22:23

【原産国】 エルサルバドル
【地域】  アワチャパン県アパネカ
【農園】  シベリア農園
【規格】  SHG
【標高】  1,450~1,675m
【クロップ】21-22クロップ
【品種】  ブルボン
【精製】  ウォッシュド

◆シベリア農園
シベリア農園は、1870年にコーヒー栽培を始めた歴史ある農園。ファビオ・モランとエピファニオ・シルバの二名によって始められた。農園名の「シベリア」は、標高が高く、気候が涼しいことから名づけられた。農園は、ジャマテペック火山の東斜面にあります。
シベリア農園は、シルバ家のファミリー企業SICAFEが管理している。現オーナーのラファエルとカルメン夫妻には3人の子供がいて、数年前から長男のジェラルドと次男のロドリゴが生産管理とマーケティング担当として経営に加わっている。長女のバレリアは、ファッション関係の仕事につき、イタリアのミラノで頑張っている。

母体となるSICAFEは、シベリア以外に、ファニー、ノルエガ、ジャノグランデ、サンカエタノ、ディビナプロビデンシアの農園を運営している。2010年に自社のウェットミルを建設し、エコフレンドリーなペナゴス社のパルパーを導入、2012年にピニャレンセ社の設備を購入し、ドライミルを完成させた。乾燥工程は二種類あり、スペシャルティーグレードはパティオで天日乾燥、コモディティーグレードは機械乾燥にしている。

◆味わい
アーモンドのような風味で、苦味は控えめ、後味スッキリ。
飲みやすいマイルドな味わいです。


◆焙煎度

・シティロースト(中煎り)

・フレンチロースト(深煎り)